発売日 2013年03月16日(土)

[Si新書]理工系のための就活の技術
元技術面接官が教える
「受かる学生」と「落ちる学生」の違い

著者名:山本昭生(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-6211-4
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・山本昭生

山本昭生(やまもと あきお)
国立・電気通信大学通信機械工学科卒業。株式会社東芝に入社。その間、理工系学生の実力を見きわめる「技術面接官」として採用活動に携わる。現在、人材育成コンサルタント代表。NPO話し方ネットワーク理事長。話し方研究所主任教授。おもな著書は『論理的に話す技術』(サイエンス・アイ新書)、『まず1分間にうまくまとめる「話し方超整理法」』(日本実業出版社)。

・ブログ
Work-Life Balance
http://worklifebalance1.cocolog-nifty.com/blog/

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

理工系のための就活の技術"]
  • ヨミトロール

    「大学で習ってねぇんだよおぉ!」という表紙のマンガに惹かれて手にしました。内容はしごく当然のこと。ただし、文系にとっては。理系の就職活動も10年前とは随分変わったね。大変だと思うよ、ホント。 続きを読む

  • tommy

    理工系の学生さんが就活に取り組む時にどのような点に注意する必要があるかについて、イラストも含めてとてもわかりやすくまとめてある。しかし、読めば読むほど、大学生として就活前に身につけておくべき当たり前の資質である気がする。 続きを読む

  • ワダマコト

    専門性を活かすとは、わからない人でも理解できるように説明できるということである。 しかし、そのためには人の3倍は勉学に勤しまなければならない。 続きを読む

すべてのレビューを読む