発売日 2011年08月17日(水)

[Si新書]対称性とはなにか
自然・宇宙のしくみを対称性の破れによって理解する

著者名:広瀬立成(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-6280-0
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
232
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・広瀬立成

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

対称性とはなにか"]
  • masa

    物理について予備知識はあまり持ち合わせていませんでしたが、サッと読んでみて概観を掴む本なので頑張って通読しました。高エネルギーで高い対称性を持った原始宇宙から、エネルギーが下がって行くにつれ対称性が破れていった。そして、対称性の破れが起こるにつれ宇宙には規則性がもたらされた。生命科学に携わるものとしては、著者が「生命とは対称性の破れの極限ともいうべき高度な組織化が起こったもの」という風に表現していたのは興味深かった。この本を足がかりにして教養を深めるため他の物理関連の本も読んでみようと思いました。 続きを読む

  • YnariY

    以下、自分用メモ 水蒸気、水、氷という3つの状態を対象性の視点から、統一的に   理解することができた。注目することは、温度が下がってくると、   気相→液相→固相というように水の状態が相転移を起こし、そのつど   対象性が失われ(対象性が破れ)、バラバラに運動していた水分子   が規則的に配列して結晶になることだ。対象性を基礎にして、自然界   に規則性がつくられるしくみを理解できるのである。   ここまでくると、自然現象が対象性に支配されているという重要な   事実が明らかになる。対象 続きを読む

  • むちれお

    とりあえずざっと読んでみた。解り易いところもあるが、ちょっと説明が省略されていて理解できないところも散見される。もちろんもともと難しい問題なので、他の本も読んでみると補足できそうだ。 続きを読む

すべてのレビューを読む