発売日 2013年11月07日(木)

[Si新書]質量とヒッグス粒子
重さと質量の違いから測り方、質量の生成にかかわるヒッグスメカニズムまで

著者名:広瀬立成(著者)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-6565-8
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
240
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・広瀬立成

広瀬立成(ひろせたちしげ)
1938年、愛知県生まれ。1967年、東京工業大学大学院博士課程修了。東京大学原子核研究所、ハイデルベルク大学を経て、東京都立大学教授、早稲田大学理工学総合研究センター教授などを歴任。専門は高エネルギー物理学。理学博士。東京都立大学(現首都大学東京)名誉教授。高エネルギー加速器研究機構での実験、アメリカ・ブルックヘブン国立研究所、欧州原子核研究機構との国際共同研究を推進し、多くの成果をあげる。NPO法人町田発ゼロ・ウエイストの会理事長。おもな著書に、サイエンス・アイ新書『対称性とはなにか』や、『図解雑学 よくわかるヒッグス粒子』『図解雑学 超ひも理論』『図解雑学 燃えつきた反宇宙』『図解雑学 地球環境の物理学』(ナツメ社)、『朝日おとなの学びなおし! 相対性理論 エネルギー・環境問題への挑戦』『朝日おとなの学びなおし! 宇宙・物質のはじまりがわかる量子力学』(朝日新聞出版)、『超対称性から見た物質・素粒子・宇宙』(講談社ブルーバックス)、『相対性理論の一世紀』(新潮社)などがある。

Twitter

質量とヒッグス粒子"]
  • shinano

    「質量」という観点からの人類知の“おおまかな”おさらい書だった。ヒッグス粒子やヒッグス機構を素人ながらも知りたいという一冊でもない気がする。単元ごとの文字数制限とそういう構成にした著者か出版社(編集者か担当者)か、初心者用でありながら、初心者に「だから、ヒッグス粒子ヒッグス機構って何?」に難しいけれど、本当にかみくだいて、あまり答えられていない本。それが残念。幾多の物理の偉人の肖像イラストで、物理事象を代弁できると思わないがね。こういうところに、素人用という大義名分をたてにしていると思える。 続きを読む

  • ヘビメタおやじ

    短いトピックの積み重ねで読みやすいです。説明が足りないような気もしますが、これ以上専門的にやられても、理解できないと思いますが。ダークマター、解明される日がいつか来るのでしょうか? 続きを読む

  • fukurou3

    この話題について書かれた本の中でも、中学生でもわかるくらいに最も易しく書かれている。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品