発売日 2010年12月12日(日)

ガーネット・クレイドル ~月光のアリア~ (1)

著者名:雲屋 ゆきお(著者)

¥571(税別)

ISBN:
978-4-7973-6298-5
サイズ:
B6/1色
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・雲屋 ゆきお

Twitter

Unable to load Tweets

  • PC乙女ゲームのコミック版

    3.0
    アマ

    2009年に発売した乙女ゲームのコミック版です。ゲームをプレイした方なら分かると思うのですが、ミフターフで全員の王子様達勢ぞろいという所で1巻は終わっています。原画家様の雲屋ゆきおさん直接描いておられるので、キャラクターに崩れはみられません。勿論ですが。ゲームスチルに似たコマが結構あるので「そうそう、こんなシーンだった!」という楽しみ方も出来ました。絵は綺麗です。逆を言いますと、この方の絵はカラーで生きるのだと思いました。正直、背景が無いコマが多過ぎる。あれだけ美しい設定を持ってるのだからもっと細かく見せて頂きたかった。全体的に白いです。色々な思惑が重なり綴られている「ガーネットクレイドル」何巻で終わるのかは分かりませんがこの流れだとかなり長くなりそうな予感。最後を早足にすることなくしっかり難しい物語を書き込んで頂ければ、ゲームで少し「???」となった自分にも分かりやすくなるのかな。表紙を捲ると可愛らしい4コマが一つ見られます。しかし女の子は皆スタイルがいいな、目の保養になります。

すべての1レビューを表示

  • はなちゃん630@読メうどん部員☆

    私が初めてフルコンプした乙女ゲーのコミカライズ☆この表紙の感じだとサーリヤルートなのかな?今回は主要人物が揃ったところまででしたが、気になるので続刊も入手しようと思います。 続きを読む

  • ちり

    序章。サーリヤルートなはず。原画の人が手掛けたマンガなだけあって綺麗です。久しぶりにゲームをしたくなります。 続きを読む

  • 皐月

    ゲームプレイ済み。原画の人が描いているので、違和感を覚えることなく読めた。今回はメインの顔見せということで、そこまで話は動かなかったけれど、やっぱりサーリヤルートで進むのかなぁ。他の王子の見せ場もあるといいな。 続きを読む

すべてのレビューを読む