発売日 2013年10月16日(水)

[Si新書]造船の技術
どうやって巨大な船体を組み立てる?大きなエンジンは船にどう載せるの?

著者名:池田良穂(著者)

¥1,100(税別)

ISBN:
978-4-7973-6311-1
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・池田良穂

池田 良穂(いけだ よしほ)
1950年、北海道生まれ。1973年、大阪府立大学工学部船舶工学科を卒業。1978年、大阪府立大学大学院工学研究科博士課程船舶工学専攻を単位修得退学。1979年、工学博士号を取得。1989年、大阪府立大学工学部助教授(船舶工学科)に就任。1995年より、大阪府立大学工学部教授(海洋システム工学科)。著書に『船の最新知識』『みんなが知りたい船の疑問100』(サイエンス・アイ新書)、『図解雑学 船のしくみ』(ナツメ社)、『図解・船の科学』(講談社)など多数。

Twitter

Unable to load Tweets

造船の技術"]
  • Takeya

    三菱重工業は創業の地である長崎市内に持つ2つの造船所のうち、主力の香焼(こうやぎ)工場を売却する。造船で国内3位の大島造船所(長崎県西海市)に売却する方向で、売却額を含めて調整中だ。三菱重工は液化天然ガス(LNG)など大型資源運搬船の建造から実質的に撤退する。造船業界では中国・韓国勢が統合に動いており、国内でも業界再編が加速する。 続きを読む

  • Takeya

    今治造船: 今治市を中心にグループで10の造船所保有。新造船竣工量国内トップ、造船売上高は三井造船に次ぎ国内2位。2014年世界シェアは大宇造船海洋、現代重工業に次ぎ3位。2019/11/29ジャパンマリンユナイテッド(IHI+住友重機+JFE+日立造船)と資本業務提携合意。 続きを読む

  • Takeya

    資源に乏しく、海に囲まれたわが国は、外国との貿易が欠かせません。 ほとんどの貿易は船で行いますが、盛んな貿易には、たくさんの大きな船が必要です。 原油には「タンカー」、鉄鉱石には「鉄鉱石運搬船」、穀物には「バラ積み船」、 天然ガスには「LNG船」、細かい荷物には「コンテナ船」など、さまざまな種類の船も必要です。 そのため、わが国では昔から造船が盛んで、現在も最先端の造船技術を誇ります。 本書では、知られざる造船の技術に迫ります。 続きを読む

すべてのレビューを読む