発売日 2014年11月15日(土)

[Si新書]マンガでわかる米の疑問
米のルーツからおいしく食べる科学的工夫まで

著者名:大坪研一・中村澄子(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-6529-0
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大坪研一・中村澄子

大坪研一(おおつぼけんいち)
1951年、大分県生まれ。東京大学理学部卒。農林水産省入省後、81年に農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所に配属。同研究所の穀類特性研究室長、食品素材部長を経て、2006年4月から食品総合研究所食品素材科学研究領域長。日本の米・食味鑑定に関する第一人者として知られる。現在、新潟大学農学部教授。著書に『日本一おいしい米の秘密』(講談社)、『米の科学』(朝倉書店)、監修本に『Q&A ご飯とお米の全疑問』(ブルーバックス)など。テレビ「世界一受けたい授業」などにも出演。

中村澄子(なかむらすみこ)
1975年、同志社女子大学家政学部食物学科卒業。お茶水女子大学人間文化研究科を経て、現新潟大学農学部特任准教授。米の新規機能性やでんぷんのアミロペクチンに関する研究などを行っている。

Twitter

Unable to load Tweets

マンガでわかる米の疑問"]
  • キャベ

    普段、生徒たちと話していて感じるのが「お米」に対する無関心さ。 つい数十年前まで日本人のほとんど全員が百姓でお米が特別な食べ物だったことを知らない。 せめて自分は、大好きなお米についてもっと知っておかないと…という気持ちで読了。 とても読みやすく、楽しい本だった。 お米でつくるパンとか、金芽米を食べてみたい! 続きを読む

  • ヒコ。

    左ページに本文、右ページにマンガで、マンガには連続性はない。いるかな、マンガ。余談ながら、農林100号が後のコシヒカリで、150号がササニシキだとか、イネは本来多年生でその名残が蘖(ひこばえ)です。というようなマニアックなことは書かれていないです 続きを読む

  • 名前は無い@人間です

    金芽米や玄米を食べたくなる一冊。米は身近なものだから、雑学の本として読むのに最適。 続きを読む

すべてのレビューを読む