発売日 2013年12月17日(火)

[Si新書]図解・ベイズ統計「超」入門
あいまいなデータから未来を予測する技術

著者名:涌井 貞美(著者)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-6657-0
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・涌井 貞美

涌井 貞美(わくい さだみ)
1952年、東京生まれ。東京大学理学系研究科修士課程修了後、富士通、神奈川県立高等学校教員を経て、サイエンスライターとして独立。著書は『意味がわかる統計解析』(ベレ出版)、『多変量解析がわかる』(技術評論社)、『Excelでスッキリわかるベイズ統計入門』(日本実業出版社)、『困ったときのパソコン文字解決字典』(誠文堂新光社)、『くらしの科学がわかる本』(自由国民社)、『パソコンで遊ぶ数学実験』(講談社)など多数。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

図解ベイズ統計「超」入門"]
  • Koning

    まさかこういう半分漫画っぽいイラスト満載フルカラーなものとは思わなかった(汗。ざっとベイズのあれこれをおさえるには良いのかもしれないと思ったんだけれど、会話形式ってことにしなくてもイケたんじゃないか?という気もしたんだけれど、兄との復習なんかのコーナーを使って落とし穴っぽい所やらを解説するパターンは意外といいのかもしれないと、そっちの手法に関心するばかりで(えー何読んでんだ) 続きを読む

  • KAZOO

    ベイズ統計学をどのように説明していくのかと思い、読み始めましたが結構面白くわかりやすかったです。若干表紙が私好みではないのですが、中身は非常に丁寧に書かれています。私もベイズ統計学を40年以上前に習ったのですが、昔はあまりいい扱いを受けていなかった気がします。統計学の授業で1~2回で終わっていました。今アメリカでは半々だそうでベイジアンが増えているようです。 続きを読む

  • ヘビメタおやじ

    名前だけ聞いたことがありましたが、詳しくは知りませんでした。図解が分かりやすいです。あるデータが得られたときにある仮定が成立している確率を求めるということなのですが、表れるデータを予想するのではないところが時間を遡るようで面白いです。新たなデータで精度が増すベイズ更新も面白かったです。後半はちょっと難しかったかな。 続きを読む

すべてのレビューを読む