発売日 2014年08月12日(火)

[Si新書]イモムシのふしぎ
ちいさなカラダに隠された進化の工夫と驚愕の生命科学

著者名:森 昭彦(著者)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-7203-8
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・森 昭彦

森 昭彦(もり あきひこ)
1969年生まれ。サイエンス・ジャーナリスト。ガーデナー。自然写真家。おもに関東圏を活動拠点に植物と動物のユニークな相関性について実地調査・研究・執筆を手がける。著書にサイエンス・アイ新書『身近なムシのびっくり新常識100』『身近な雑草のふしぎ』『身近な野の花のふしぎ』『うまい雑草、ヤバイ野草』や『ファーブルが観た夢』(同社刊)がある。

Twitter

Unable to load Tweets

イモムシのふしぎ"]
  • いもむしと毛虫(蛾・蝶類の幼生)の観察図鑑.

    5.0
    LAW人

    よくぞ執筆していただきました。待ち望んでいた図鑑です。写真、解説すべてよくこれから大いに楽しませていただきます。

  • 5.0
    ikemennjiji

    紙があまり良くないのが残念ですが、内容は良いですよ。家の庭にいる虫も良く解りますし、毒があるのか無いのかなんて、子供と調べています。

  • 良いですよ。

    5.0
    ままりん

すべての6レビューを表示

  • fred5963

    芋虫のひみつがよくわかる良書!芋虫は端的に「動く腸管」と表現されてたけれどもハゲ同ですワ。また、自分の存在を消すためにせっせと自分のうんちを咥えて投げ捨てる習性を持つものや、植物の排外機能を弱めるためにトレンチ行動(葉に溝を掘って、その部分に科学物質(殺虫、食欲減退物質)を集中させた)後に安全な内側を食す!食草の毒物をひたすら分解したり、逆にため込んで食われないようしたり、と面白い、ひっじょうに面白い!見開き1ページで左半分にウィットに富んだ解説、右に写真やイラストで読みやすい。おすすめ!! 続きを読む

  • ウララ

    去年からずっと読んでいてやっと読み終わった。お風呂の中や寝る前にちょこちょこと読んでいたんだけど、なんだか眠くなってしまうんだよね…一番知りたかったのは蛹から成虫になるメカニズムで、そこはほとんど触れられてなかったからかなぁ。イモムシに対する愛情はとても感じられたし、庭や公園でちょっと探してみようという気になった。 続きを読む

  • ケロたん

    かわいいです!個人的にも写真を撮って集めてます。生態を知ると愛おしさ倍増。オススメはリンゴドクガ。 続きを読む

すべてのレビューを読む