発売日 2017年05月17日(水)

新・明解 Javaで学ぶアルゴリズムとデータ構造

著者名:柴田望洋(著者)

¥2,400(税別)

ISBN:
978-4-7973-9051-3
サイズ:
B5変/2色
ページ数:
392
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・柴田望洋

柴田望洋(しばたぼうよう)
1963年生まれ。工学博士。福岡工業大学情報工学部情報工学科准教授。
福岡陳氏太極拳研究会会長。 九州大学工学部卒業、同大学院工学研究科終了後、
九州大学助手、国立特殊教育総合研究所研究員を歴任。
2000年には、《分かりやすいC言語教科書・参考書の執筆》の業績が認められ、
(社)日本工学教育協会より《著作賞》を授与される。
大学での教育研究活動の他、プログラミングや、
武術(1990年~1992年に全日本武術選手権大会陳氏太極拳の部優勝)・
健康法の指導などに明け暮れる毎日を過ごす。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 探索とソートと、それを実現するためのデータの構造の組み方がわかります

    4.0
    中野邨尊

    ある程度量の多いデータから目的のデータをを探索したり、そこへ新しいデータを挿入するにはいろいろなアルゴリズムがあります。特に高速かつ効率的に行うためにはあらかじめデータをソートしておくことが重要なことが多いのですが、ソートにもいろいろなアルゴリズムがあり、高速で効率的なものを選ぶ必要があります。このようなことを実現するには、まずデータの格納の仕方つまりデータ構造をデータの種類により使い分ける必要があります。本書はこのような方法をJavaによるプログラミングで紹介しています。JavaにはAPIでコレクションが提供されているので、それを使えばデータ構造もソートも探索も自分でコードを書く必要はありませんが、本書を読めばコレクションのAPIがどのように実装されているのかを理解することができるので、どのコレクション(ときには配列)を使って、どのメソッドを使うのが、自分で作成するプログラムに最適なのかを理解する手助けになると思います。少し残念なことは、本書の前に読むべき「新・明解Java入門」にも本書にも列挙型の詳しい使い方の説明なしで、列挙型の少し踏み込んだコンストラクトを使ったコードが掲載されており、その部分は別の書籍を読むかAPI仕様書を読まなければならないことです。

  • 4.0
    Jahack7

すべての2レビューを表示

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品