発売日 2017年08月17日(木)

[Si新書]論理的思考 最高の教科書

著者名:福澤 一吉(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-9142-8
サイズ:
新書/2色
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・福澤 一吉

福澤一吉(ふくざわ かずよし)
1950年生まれ。1982年ノースウエスタン大学コミュニケーション障害学部言語病理学科を卒業後、東京都老人総合研究所(現地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター)リハビリテーション医学部言語聴覚研究室研究員を経て、1998年より早稲田大学文学学術院心理学コース教授。言語病理学博士。専門は認知神経心理学。著書に『論理的に説明する技術』(サイエンス・アイ新書)のほか、『議論のレッスン』『クリティカル・リーディング』(NHK出版)、共訳に『議論の技法』(東京図書)など多数。

Twitter

Unable to load Tweets

論理的思考最高の教科書"]
  • 著者のライフワーク

    5.0
    Amazonのお客様

    著者のライフワークともいうべきトゥールミンの議論のモデルを簡素化し誰にでも使いやすいように平易に解説した書籍。

  • 5.0
    bigmak

    論理的思考をこれだけコンパクトにわかりやすく解説したものは少ない。ロジカルシンキングの本は大部で冗長なものが多いが、これは身近な例を挙げながら論理思考をきちんと説明している。行動経済学でとりあげられる例も論理思考から説明されている。教科書と銘打っているだけあって、新学説を打ち出すものでは無いが、社会人/ビジネスマンには必読。日本人はグローバルコミュニケーションが不得手と言われるが、英語だけでなくこのような論理思考の定理を知らないことも原因と分からせる好著。

  • レビュー対象商品: 論理的思考 最高の教科書 論証を知り、誤謬に敏感になるための練習 (サイエンス・アイ新書) (新書)

    書評

    表紙の通りの悩みを解決したくて、思わず手に取りました。本題にたどり着くまでの前提の話が長く(最初に接続詞の話、特に演繹法に関する話が細かく延々と続く)、しかも本題と思われる6章以下の議論と具体的にどのように関わってくるかも不明で、初心者向けには全然論理的な構成になっていないと思いました。詳しい人には納得なのかもしれませんが。論理学に詳しい人や、著者の本をいろいろと読まれている人には良いのでしょうが、論理的思考について興味を持った・知りたいというレベルの人が最初に手に取るべき本ではないと思いました。

すべての5レビューを表示

  • やまだん

    5点。「万能鑑定士Qシリーズ」の10巻などを読んで,ロジカルシンキングや論理的思考について興味が出てきたので,読んでみた本。基本的な知識がない状態で読んだので,知的好奇心を満たすことができた。「論理的であるとは,文と文の接続表現に細心の注意を払うこと」など,極めて当たり前のことだが,改めて読むと新鮮に感じる。演繹的思考と帰納的論証の説明なども,割と楽しく読むことができた。しかし,帰納的論証の詳細と仮説演繹法の説明は消化不良。なんとなくは分かるがすっきりしなかった。とはいえ,入門書としては十分な内容 続きを読む

  • coldsurgeon

    肯定的な出来事は、人の印象に残りやすい。そして生き延びてきたということにのみ注意が集中する生存者バイアスは、社会に蔓延っている。論理的に思考するとは何か、論証上の誤りや認知的なバイアスとは何かということを知っておくことは、生きていくうえで大切である。自分がいま直面している問題は、問題として問うに足るものなのか、と考えなければならない。そして、その問題に対して論理的思考を使うのか、使わないのかを自分に問うべきである。その使用にあたり、気持ちの余裕が必要である。 続きを読む

  • イグアナの会 事務局長

    僕は論理的思考とは、自分が論理的に考える為のものではなく、自分のヒラメキを他人に説明する為に、論理的矛盾が無いかをチェックする為の、あるいは資料作成の為のツールと考えています。 そして、この本は、自分が普段使っている論理的思考は、このようなやり方なんだなと、自己再認識する為に読まれたらいいと思いました。 そして、自分は論理的思考が出来ないと思っておられる方には、、、別の本がいいんじゃね?、、、 と、論理的でない感想でした。(汗) 続きを読む

すべてのレビューを読む