発売日 2018年08月17日(金)

[Si新書]戦闘機の航空管制
航空戦術の一環として兵力の残存と再戦力化に貢献する

著者名:園山 耕司(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-9820-5
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・園山 耕司

1935年生まれ。元航空管制官。航行支援アナリスト。防衛大学校応用物理科卒(5期)。米空軍で航空管制を学んだのち、航空自衛隊で実務と航空行政の双方に携わる。1971年、日本の航空史上最大級の事故であった雫石上空での空中衝突事故の対策立案のため、2年間にわたり欧米4カ国の実情調査に参加。航空自衛隊保安管制気象団防衛部長などを経て1990年退官。2006年、瑞宝小綬章受章。おもな著書は『新しい航空管制の科学』『航空管制の科学』(講談社ブルーバックス)、『よくわかる航空管制』『くらべてわかる航空管制』『座標科学でわかる航空管制』(秀和システム)、『未来の航空』『航空管制官はこんな仕事をしている』(交通新聞社)など。

Twitter

Unable to load Tweets

戦闘機の航空管制"]
  • Admiral2009

    去年JAXAが打ち上げた『みちびき』は、F-35導入とリンクしているのだから、中露朝韓が言う「軍事衛星だ❢❢」ってのも間違いではなさそうだ。JAXA法の改正も防衛システムとの共有上必要だった。写真が多数あり一見入門書的なれど専門的な本で別途に航空用語集を開かないと解読は難しい。 続きを読む

  • こぼこぼ

    文体は読み易いし,著者の経験したエピソードは面白いのだけれど,話題が発散気味かも。もう少し戦闘機の航空管制に特化した内容が欲しかった(戦闘機の世代説明に紙幅をを取られても……。) 続きを読む

  • 鳥山仁@『純粋娯楽創作理論 第二章』発売

    小説などで戦闘シーンを書く際に悩むのが無線でのやり取り。特に航空関係は決まり事が多く、全てを理解した上で台詞に起こすのは、経験者や専門家でなければ難しい。そこで、こうした書籍が知識不足を補うのに有効なのだが、電子戦に疎い私には難易度が比較的高い内容で、四苦八苦しながら読み進めた。 続きを読む

すべてのレビューを読む