SBクリエイティブ

14歳からの「孫子の兵法」

齋藤 孝:監修 / ヤギワタル:イラスト

ナポレオン、武田信玄からビル・ゲイツ、孫正義まで、名だたる偉人・経営者に読み継がれる不朽の名著のエッセンスを一冊に。
現代人に活きるメッセージを織り込んだ「漫画」と、勘所を押さえたわかりやすい「解説」で、10代から楽しく読める入門書。

なぜ『孫子の兵法』は2500年にわたって読まれ続けているのか。それは、「戦争における兵法書」の枠を超え、競争や勝負事における建前抜きの本質を喝破した基本書であり、上下関係や敵対関係における普遍の人間心理を捉えた教科書だからです。

そのメッセージは、超合理的で、超実践的で、超クール!

●勝利をもたらすのは熱狂ではなく冷静さである。
●情報に金と手間を惜しむ者はやがて万財を失う。
●利害の一方だけを強調するのが情報操作の第一歩。
●勝負の世界では相手をだます者が賢者である。
●一致団結せざるを得ない状況に全員を追い込め。
●「みんなが」という意識を活用せよ。
●リーダーは根拠のない自信を持ってはならない。

古典名著の伝道師であり、テレビでもおなじみの齋藤孝先生が、若者に向けてわかりやすく解説。
学生を題材にしたユーモラスな漫画は、人気イラストレーターのヤギワタルさんが執筆。
全66トピック、漫画と解説の「見開き2ページ」の構成だから、読みやすくて理解しやすい。

学生の受験や部活にも、ビジネスパーソンのマーケティングやマネジメントにも役立つアドバイスが満載です。
10代から大人まで、読んだら面白くて、ためになる本です。

第一章 「原理原則」の教え:勝算なくして参戦なし
01 準備が整わないうちは戦わない。
02 誰がやろうと勝てるのがすぐれた作戦である。
03 感情ではなく数値と論理によって判断を下す。
04 重大な選択は慎重に、かつ判断基準を持って。
05 客観的に検討し、主観は挟むな。
06 勝利をもたらすのは熱狂ではなく冷静さである。
07 自分と相手を知り尽くせば、危険はない。
08 利だけ害だけで判断せず、常に両面を考慮する。
09 成果を誇らず、損害とのトータルで考える。
10 ライバルもまた成長することを前提に力を磨け。
11 見通しなく進むと痛手を負う。

第二章 「情報戦」の教え:情報を制する者が勝負を制す
12 いくら情報があっても洞察力がなければ活かせない。
13 敵の内情に迫ることが攻略への近道。
14 生きた情報を得るためには、手段は選ばない。
15 神頼みで運は引き込めず、占いで情報は得られない。
16 ささいな予兆にも鋭敏に対処せよ。
17 情報に金と手間を惜しむ者はやがて万財を失う。
18 第三者の内情も探り、徹底的に利用せよ。
19 利害の一方だけを強調するのが情報操作の第一歩。
20 相手の欲望につけ込め。
21 人をうまく動かすためには情報を与えすぎるな。

第三章 「基本戦略」の教え:戦わずして勝ってこそ真の勝者
22 防御こそが最大の攻撃である。
23 逃げる、避けるは大切な戦略。
24 多少まずくても短期戦でいけ。絶対に長期戦は避けろ。
25 勝負の世界では相手をだます者が賢者である。
26 奇策は正攻法と組み合わせて効果を発揮する。
27 戦いはきれいごとではない。敵を欺け。
28 相手も進歩する。今日の勝ち方では明日は負ける。
29 計画通りに遂行するよりも、臨機応変に対応せよ。
30 駆け引きで勝つのが最善策。戦って勝つのは最後の策。
31 目的は勝利であり、相手の破壊ではない。
32 単に勝つのではなく、失わずに勝つ道を追求せよ。

第四章 「具体戦術」の教え:あらゆるものを武器にせよ
33 「今だ!」というタイミングで動け。
34 地形や環境すらも武器になる。
35 日時や天候までも味方につけよ。
36 衛生状態には細心の注意を払え。
37 問題が大きくなる前に止めれば被害は少ない。
38 早く進みたい時ほど広い視野で見渡せ。
39 大軍は分散させて個別に撃破せよ。
40 じっと待つのはチャンスに即応するためである。
41 先んじることでゆとりをつくり出す。
42 必死に戦え。しかし相手を必死にさせるな。
43 必要もないことをやってはいけない。

第五章 「マネジメント」の教え:一人の天才より凡人たちのチームワーク
44 編成とコミュニケーションで組織は決まる。
45 組織をまとめるにはまず信頼をつくる。
46 連携のよしあしが組織の命運を決する。
47 一致団結せざるを得ない状況に全員を追い込め。
48 チームワークこそが組織を勝利に導く。
49 「みんなが」という意識を活用せよ。
50 個人の命運は能力が握るが、集団の命運は勢いが決める。
51 状況を正確に知らずに進退を口にするな。
52 全体の利益に反する命令なら拒否していい。
53 絶体絶命はあらゆる人間を勇者に変える。
54 勝てるという気の緩みが負けにつながる。
55 勝ち続けるためには変化し続けなければならない。

第六章 「リーダーシップ」の教え:私利私欲を捨てた無私の境地へ
56 知力・信頼・思いやり・勇気・厳しさをリーダーは持て。
57 バランスをうまく取るのがリーダーの核心。
58 リーダーは根拠のない自信を持ってはならない。
59 怒りに駆られずに感情はコントロールすべきである。
60 他人を変えたければ愛を持って扱え。
61 無関心はメンバーの離反を招く。
62 部下を大事にすることと甘やかすことを取り違えるな。
63 規律は例外なく守られてこそ、意味を成す。
64 運に責任を負わせてはならない。
65 すぐれた勝利は称賛されず、目立ちもしない。
66 無私が正しい進退へと導く。

定価:1,540円(本体1,400円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2022年2月23日(水)
  • ISBN:978-4-8156-1272-6
  • サイズ:A5判
  • ページ数:160
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

齋藤孝(監修)
1960年、静岡県生まれ。明治大学文学部教授。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程等を経て、現職。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。
『身体感覚を取り戻す』(NHK出版)で新潮学芸賞受賞。『声に出して読みたい日本語』(草思社)がシリーズ260万部のベストセラーになり日本語ブームをつくる。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導、TBSテレビ「新・情報7days ニュースキャスター」、フジテレビ「全力!脱力タイムズ」など、TVコメンテーターとしても活躍中。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る