サイエンス・アイ新書
[Si新書]僕らのAI論
[Si新書]僕らのAI論
9名の識者が語る人工知能と「こころ」

森川幸人・松原仁・一倉宏・伊藤毅志・鳥海不二夫・三宅陽一郎・糸井重里・近藤那央・山登敬之・中野信子 著
森川幸人 編
ISBN
978-4-8156-0299-4
サイズ
新書
ページ数
224
価格
1000円+税
出版日
2019/06/15
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


各界の第一人者が人工知能の今と未来を語る


AIの「こころ」をテーマに、各界の第一人者が人工知能の今と未来について論じる一冊。

「AIに心は宿るのか?」
「そもそも、心とは何なのか?」
「AIが心を持ったとき、世界はどう変わるのか?」

など、私たちが普段感じている素朴な疑問について掘り下げながら、AIの未来像に迫ります。

■目次:
第1章 AIがヒトになる日 [松原仁]
第2章 人工知能は言葉を話せるか [一倉宏]
第3章 AIでゲームは強くなるのか [伊藤毅志]
第4章 AIは人間を説得できるのか [鳥海不二夫]
第5章 ゲームから現実へ放たれる人工知能 [三宅陽一郎]
第6章 AIは道具であってほしい [糸井重里]
第7章 「生き物らしさ」に必要なのは「痛み」 [近藤那央]
第8章 精神医療にAIを活かす [山登敬之]
第9章 誤解だらけのAI論 [中野信子]


森川幸人(もりかわ ゆきひと)
1983年筑波大学芸術専門学群卒業。モリカトロン株式会社代表取締役。株式会社ムームー代表取締役。モリカトロンAI研究所所長。AIの研究開発、CG制作、ゲームソフト、スマホアプリ開発をしている。2004年「くまうた」で文化庁メディア芸術祭審査員推薦賞、2011年「ヌカカの結婚」で第一回ダ・ヴィンチ電子書籍大賞で大賞を受賞。代表作は、テレビ番組CGとして「アインシュタイン」「ウゴウゴ・ルーガ」、ゲームソフトには「ジャンピング・フラッシュ」「アストロノーカ」「くまうた」など。著書に『マッチ箱の脳』『テロメアの帽子』『ヌカカの結婚』『絵でわかる人工知能』(三宅陽一郎との共著)など。


サイエンス・アイ新書

ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 
企業情報 個人情報について