発売日 2007年05月29日(火)

ファーストマン(上)

著者名:James R. Hansen(著者) 日暮雅通、水谷淳(訳)

¥2,380(税別)

ISBN:
978-4-7973-3666-5
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
514
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・James R. Hansen

訳・日暮雅通、水谷淳

Twitter

#ファーストマン

映画を見るとき大画面で見た方がいいだとか、IMAXの臨場感を楽しむべきだとかいうけれど、この映画を見るもっともおすすめの場所は飛行機の上だ

例えスマホの画面であっても、アームストロングが体験したであろう恐怖の一部は伝わる。

落ちたら死ぬ高さには変わりないのだから。

#ファーストマン #映画
あの有名なアポロ11号の月面着陸を描いた本作。着陸に至るまでの過程をアームストロング視点で丁寧に描いている。たくさんの犠牲が払われたことを知った上であの台詞を聞くとずしっと響いてくる。
映像、音楽がとにかく良いし、ライアン・ゴズリングの悲しい目がすごく印象的。

Load More...
  • Takeya

    飛行機の映画にて:月に最初に踏み出した男として、人々の記憶に永遠に残るのだ。 1969年、アポロ11号船長として月に降り立ったニール・アームストロング公認の伝記が、ついに登場! 「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な跳躍だ」。 1969年、ニール・アームストロングはアポロ11号で月への第一歩を記した。スプートニクショックから50年。アメリカの有人月着陸という壮大なミッションの真実が改めて明らかにされる。アームストロング公認の迫真のノンフィクションである。 続きを読む

  • Takeya

    月に最初に踏み出した男として、人々の記憶に永遠に残るのだ。 1969年、アポロ11号船長として月に降り立ったニール・アームストロング公認の伝記が、ついに登場! 「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な跳躍だ」。 1969年、ニール・アームストロングはアポロ11号で月への第一歩を記した。スプートニクショックから50年。アメリカの有人月着陸という壮大なミッションの真実が改めて明らかにされる。アームストロング公認の迫真のノンフィクションである。 続きを読む

  • ブラックジャケット

    アポロ11号の月面着陸のテレビ中継は高校一年の夏だった。ニール・アームストロングが月面に一歩を記した時に、どういう言葉を残すのか、当時のテレビ番組でも相当盛り上がっていた。しかしアームストロングという人は、人類の歴史に名を残す人としてはそれほどドラマティックな性格ではなかった。極東の一少年にしてみても意外にクールなコメントに少々落胆した。NASAのアポロプロジェクトの頂点に立つには、理系の頭脳を必要としたことに思い至らなかった。2020年頃には月面基地が稼働していると確信していた少年が抱いた感想だった。 続きを読む

すべてのレビューを読む