発売日 2007年03月16日(金)

ボクがライブドアの社長になった理由

著者名:平松庚三(著者)

¥1,500(税別)

ISBN:
978-4-7973-3875-1
サイズ:
483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・平松庚三

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • nakamura masaru

    「人間の体は鉄ではなく、ゴムみたいなもので、いくらでもふくらんだり伸びたりするようにできている。その気になれば、120%にも150%にもなるのだ。」 人間みんなゴムゴムの実を食べているようなものってこと。違う?? でも逆に、人は何もせずに、いつも100%でいることができるわけはない。100%未満になることだってある。 続きを読む

  • Humbaba

    難しいことに挑戦する。そのためには、いままである意味であっても当然のものであった安定はどこか遠くのところへ行ってしまうということでもある。安定した生活よりもやりがいと充実感を選んだからこその決断。誰もがそのような決断ができるわけではないが、自分の行動の指針を考えるときの一助とはなるだろう。 続きを読む

  • Hitoshi Hirata

    堀江貴文氏の「ゼロ」を読んで本書を思い出したので再読。ライブドア事件の大混乱の中、会社を立て直した平松氏の功績は計り知れないですが、第一章では、それを自慢するわけではなく、事実を丁寧に追う形でどのように意思決定したのかが述べられています。第二章以降は平松氏がライブドアに入る以前のことが中心ですが、波瀾万丈な経歴で読み物としても楽しいですね。「ネアカのふりをしていると、自分も騙されてネアカになる」これは至言ですね。それにしても、あれからもう8年が経とうとしてるんだなあ。 続きを読む

すべてのレビューを読む