発売日 2007年09月11日(火)

ブレイク ブレイド 2巻

著者名:吉永裕ノ介(著者)

¥560(税別)

ISBN:
978-4-7973-4433-2
サイズ:
3FDBDC27-F15A-41EB-BD35-2BED8DD38792
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・吉永裕ノ介

Twitter

Unable to load Tweets

  • 楽しかった過去と辛い今

    4.0
    徒然ボウズ

    士官学校時代のエピソードを踏まえつつ、ゼスやライガットの関係性が明らかになる巻。肝はやはり、友人の為にも戦を早急に終わらせたいゼスが、隠された停戦の条件を知らないこと。ライガットはライガットで、ゼスの真意を読めないまま、巻き込まれた戦いの中で、二人の人物の死を目の当たりにする。ホズルやシギュンのことを思いつつも、そのことに耐えられない彼のとった行動とは?それからやはり気になるのは、ホズルとシギュンの関係。仮面夫婦?倦怠期?(笑)いやいや、何か理由がある筈…そして、破格の運動性能と戦闘力を持ったアンダーゴーレムの意外な弱点も発覚する。ヒント ウルトラ人。カラー時計。

  • 謀略と誤解の果てに。 レビュー対象商品: ブレイクブレイド (2) (Flex Comix) (コミック)

    六畳リエ

    ファンタジーロボット戦記の二巻目です。一巻では、魔力を持たない主人公・ライガットが、いかに戦争に巻き込まれていくかというお話でした。二巻では、戦争の無慈悲さが描かれています。謀略によって戦争が始まり、悲しい誤解によって人望のある若き命が散ってゆきます。人の死は新たな火種となり、小さなクーデターであった争いは、後戻りのできない過酷なものへと変貌していきます。自国の仲間と敵国の友の狭間で苦しむ主人公たちの姿に、現実での争い事を重ねて見てしまいます。敵国であろうとも、友になるべき人はいるのだと……。とても良い作品です。

すべての3レビューを表示

  • 月子

    娘がいるんだ!? 続きを読む

  • kanon

    正直、最近の自分は、戦闘がメインとなる漫画を読んでいたとしても、そのメインとなる戦闘の場面を流し読み・果てには飛ばしてしまう傾向にあるのだが(もうなんだか読むのが面倒くさいのである笑)、この漫画に関しては、すべての戦闘をしっかり読みたくなるのだ。何となくロボット系のアニメや漫画は、デジタルのイメージ、CGとかを使って描いているイメージが強いのだが、この漫画は完全にアナログである。手描きである。確かアニメ映画の方もそういうのを売りにしてた気がする…これらのロボットをいちいち描くのは本当に大変そうだな…(笑) 続きを読む

  • らゆ

    こいつは危ないんじゃ……? と思っていた子がやはり退場してしまいましたね……。双方誤解があるまま、戦争は激しさを増していきます。学生時代のお話で息抜きできてよかったな。ほのぼのしてて、今の状況を考えると切ない。去る決意をしたライガット、でも本当にこのまま何もかも投げ出すことなんてできるのかな? 続きを読む

すべてのレビューを読む