発売日 2007年12月17日(月)

なぜ大人がDSにハマルのか?

著者名:細川 敦(著者)

¥700(税別)

ISBN:
978-4-7973-4581-0
サイズ:
CAE53444-4A6D-43A5-80D8-648CFE5F9CB1
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・細川 敦

Twitter

Unable to load Tweets

  • ゲーム好きの人のための本ではありません

    4.0
    Thinking Dad

     まず注意点として、単にゲームが好きだから、DSが好きだからという理由でこの本を買ってはいけません。この本はまじめなビジネス書です。 内容としてはDSが普及した背景分析から収支計算、ハードとソフト両方の分野のビジネスモデル考察などゲーム産業のビジネス観点からの分析です。非常に冷静に多岐にわたった分析で感心しますが、現在においてはいささか古い内容と感じる箇所もありましたので星マイナス1とさせていただきました。 具体的にはDSがコモディティとして落ち着いており皆が持ち歩くのが当たり前となったとかゲーム以外の日常的なソフトが優勢などの記述ですが、最近は事情が変わってきているのではないかと感じました。おそらく執筆当時は的を得た内容であったのかもしれないですが現在はDSよりもwiiにシフトしていっているように感じます。 ちなみにわたしはゲームは一切しませんしDSも持っていませんがIT業界(ゲーム業界ではないです)の人間として興味深く読ませていただきました。

すべての1レビューを表示

  • Humbaba

    いくら良い物を造っても、市場がなければ受け入れられない。そして、市場を広げるためにはもともとのユーザだけを相手にしていても効果は薄い。今まで興味を持っていなかった相手に対してどうすれば興味を持ってもらえるのか。それを考えて実行することで市場を広げ、そして市場が広がることでできることを増やしていく。 続きを読む

  • MasakiZACKY

    大ヒットを記録した携帯ゲーム機であるニンテンドーDSが、単純にたくさん売れて凄いということではなく、ゲーム産業に大きな影響を与えたんだよという一冊。タイトルにある話よりも、よりビジネス志向な内容。確かにDS以前と以後では、ゲーム業界の様態がとても違っている。DSが産業構造の変化(透明化・普遍化)をもたらしているという話にはとても納得した。ただし、この本が書かれたときはまだスマートフォンはそこまで話題になっていなかった。DSのコモディティ化が目指していた位置に入ってきたわけで、いつかその点の話も聴きたい。 続きを読む

  • カツオ

    ゲームはポケモン以前と以降で遊び方が大きく変わったのだそうだ。たしかにまわりをみても、ポケモンにのれた人かどうかでゲームの嗜好性が大きく変わっている気がします。ファミコン期の少年たちはPSPよりDSに流れているというデータもなるほどなあ、というかんじ。自分の感覚に依存しちゃいけないですね。 続きを読む

すべてのレビューを読む