SBクリエイティブ

最後の雨

林 風也:著者

超人気ケータイサイト、モバゲータウンの「第1回モバゲー小説大賞」特別賞受賞作。記憶を失い倒れていたコウを見つけ、介抱したヒカリ。しかし、2人が出会ったのは偶然ではなかった……。ケータイから生まれた感動のファンタジー作品。

中高生を中心とした会員数700万人を誇る巨大ゲーム&SNSケータイサイト「モバゲータウン」の第1回モバゲー小説大賞に応募され、7000を超える作品の中から同特別賞を受賞した作品です。著者の体験も織り込まれたというストーリーは、しっとりと美しく悲しい世界が広がる一方で、予想外の結末まで一気に読ませる力強さも備わっており、まるで一本の映画を見ているような読後感をもたらしてくれます。

<読者レビューより>

●泣けました。こんな風に誰かを想ってみたぃって思ぃました。

●本当にあった話なんて。スゴイ感動しました。

●人を本当に『好き』になるってことが少しでもわかってきた気がする。だから今をいい加減に生きてたらダメなんだなって思えてきた。ありがとう。

●いい意味で予想を裏切ってくれました。一瞬一瞬を大切にしたいですね(^0^)

●ヤバい。マジで、良かったです(*^ ^*)久しぶりに感動しました。

●同じような経験をしてるから…思い出して泣きそうになりました。1日1日を大切に生きていきたいですね…。

●この先降る雨がいつの時も彼女にとって優しい雨でありますように……。

●「過去ゎ考え方ひとつで変えられる」ってコトバが印象深いです…物語に吸い込まれていく感じで一気に読みました…大変感動しました◎

【目次】

五月雨/雨がくれた予感/記憶を求め/愛の記憶/傷ついた雨/大好きだよ/あの日/最後の雨/あとがき

【内容】

一年前、最愛の恋人、タツヤを交通事故で失ったヒカリ。彼の一回忌に墓地に訪れたヒカリは、その帰り道、目の前で倒れた一人の男性を助ける。その男は「コウ」という名前以外、すべての記憶を失っていた。どこかタツヤの雰囲気に似たコウを放っておけず、ヒカリはコウとともに、彼の記憶を取り戻すべく行動を開始するが、この出会いが偶然ではなく必然だったことを2人はまだ知らなかった……。はたしてコウの失われた記憶に隠された”衝撃の愛の真実”とは? 実話を基にした、奇跡のファンタジックラブストーリー。

定価:1,100円(本体1,000円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2008年3月24日(月)
  • ISBN:978-4-7973-4598-8
  • サイズ:483249EC-8045-4953-B9C8-FA32EFC8092C
  • ページ数:256
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

著者・林 風也

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る