発売日 2008年12月16日(火)

[Si新書]毒と薬のひみつ
毒も薬も使い方しだい、正しい知識で毒を制す!

著者名:齋藤 勝裕(著者)

¥952(税別)

ISBN:
978-4-7973-5026-5
サイズ:
2919B434-48F3-4296-90A8-9F65386C1846
ページ数:
224
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・齋藤 勝裕

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

毒と薬のひみつ"]
  • 学生の下請け?

    1.0
    iccinc

    一般の新聞雑誌を寄せ集めた感。9−6のポリエチレンは塩ビの誤り。高圧法ポリエチレンは極めて柔軟。硬いのは低圧法ポリエチレン。両者の混合で柔軟度の調整は容易。可塑剤が必要なのは本来硬質の塩ビ。厚木基地に搬送されたベトナム戦負傷兵の輸血に遣われた日本製の塩ビチューブから可塑剤が溶出し障害が発生した日本製医療機器の屈辱的事件は当時新聞も報じた。医療機器以外にも、魔法瓶の中栓、シャワーカーテン、自動車内装品(新車の匂)、壁紙にも使われている(現在は中栓などは使用中止)。サランラップなど塩ビ系のフィルムには可塑剤が数十%入っているので揚げ物などを包めば親油性の可塑剤は簡単に食品に移行する(いまだに禁止しないのは不可解。食品の直接包装はしないようにと小文字の標記はある)。塩ビ壁紙にも20%程度の可塑剤が添加されており、これが広い壁面から一年中蒸散する。塩ビ壁紙の端が経年変化で硬く捲れ上がるのは可塑剤が抜けたため。現在は非塩ビ壁紙としてポリオレフィン壁紙が塩ビ壁紙と同一価格で市販されている。拙宅も昨年オレフィン壁紙でリフォームした。臭気もなく快適である。塩ビはポリオレフィンより15年ほど早く市場に出たので、化学物質過敏症の元になりそうな問題を抱えているにも拘わらず先行素材として建築業界などには深く根付いている。本来は本書のようなものが啓発書になるべきだが、その任を果たしていない。塩ビ問題が惹起した社会事情を知らない世代が書いた本としか思えない。

  • 白雪姫

    毒のランキング表って見たことありますか?その1位に輝く毒が・・・実は若返りのエッセンスになってるなんて。。。毒と薬が,歴史を揺さぶったなんて。。。なんていう「えっ?!」という話から青酸カリや,キノコの毒や,フグの毒はこうやって人の命を奪うのか。。。こんな,ニュースでよく聞く話題の分かりやすい解説やアスベスト問題や超分子の抗ガン剤,アレルギーなしの人工ワクチン・・・これからの21世紀を守っていく化学の話などなど「1話題1ページ読み切り」でわかりやすく,話題も豊富で,一家に一冊!といった面白い本だと思います。これで雑学王に一歩近づけるかも!?

すべての2レビューを表示

  • Large

    毒はどうして身体に害をもたらすのか。薬はどのように身体の中で効くのか。そのような疑問をわかり易く解説するとともに,毒と薬が深く関係していることがわかる本。毒と薬の雑学的な知識もたくさんあり,短い空き時間の暇つぶしにもなった。 続きを読む

  • カモメ

    イラストや易しい文章でわかりやすいです。ただ、漢字をカタカナにする表現が多いので、読んでいて引っかかりました。 続きを読む

  • TETSUYA

    雑学的。勉強になります。 続きを読む

すべてのレビューを読む