発売日 2009年01月08日(木)

青年のための読書クラブ (1)

著者名:桜庭一樹(作) タカハシマコ(漫画)

¥560(税別)

ISBN:
978-4-7973-5215-3
サイズ:
3FDBDC27-F15A-41EB-BD35-2BED8DD38792
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

作・桜庭一樹

漫画・タカハシマコ

Twitter

Unable to load Tweets

  • YO-HEY@紅蓮ロデオ

    本屋で見つけて購入…やった!やっと買えた!原作読んでる人でも、そうじゃない人でも…まず、読め!って感じです。良家の子が通う、閉鎖的な女子高。原作の良い感じが出てました。革命や変化を求める心をどう表現するのか。自身でやるか裏で操るか。変化を求める心がその人の心にどんな変化を生むのか。外部が変わるか内部が変わるか。ある少女はその孤独に触れたいがために本を手に取りまる。ある少女は自身の変化をしるすために筆を握ります。青年のための読書クラブ。青年とはなんぞや?それはある意味では心意気なんでしょうね。 続きを読む

  • エンブレムT

    乙女が集う『聖マリアナ学園』の、正史に残らない珍事件を記録したクラブ誌。異端者である『読書クラブ』のメンバーが記す一世紀にわたる黒歴史。それぞれの時代によって変わる『王子像』が記録されているが、乙女の理想は常に閉ざされていることがよくわかります。原作を読んだ時、個人的にはもっとクールな絵柄で登場人物をイメージしていたのだけれど、この作画もアリですね~!可愛らしくも不可思議で残酷な少女達がさもありなん。原作既読でも未読でも楽しめるであろう、上質なコミカライズだと思いました♪ 続きを読む

  • 珂音

    桃苗~~~~~~!!なんであんたがこんな所にいるのよ!キャラも違うし・・・は1969年の妹尾アザミ、桃苗じゃなかった(>_<) 妙にリズミカルな台詞回しに頭でっかちな少女達、こりゃクセになりそう。 続きを読む

すべてのレビューを読む