発売日 2009年02月10日(火)

ロビン~風の都の師弟~ (1)

著者名:中山 星香(著者)

¥560(税別)

ISBN:
978-4-7973-5288-7
サイズ:
3FDBDC27-F15A-41EB-BD35-2BED8DD38792
ページ数:
160
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・中山 星香

Twitter

  • 妖精国の騎士バラッドの

    5.0
    染井吉野

    さらに後日談。亡くなってしまった二人の、子供の世代のお話です。楽しんで読めました。個人的には、白魔法使いの塔の長でありローラント王の片腕でありながら、身分を偽り、玉ねぎの里の一介の治療師に身をやつしていたファラントが好きです。あんなに純粋な人だったのに、いつのまにか「いい性格に」……。ホロリ。

  • 5.0
    らちゃ

    「妖精国の騎士」ファンなら、絶対必読!久々に中山先生の世界を堪能出来ました♪ファラントの毒舌最高!

  • 妖精国ファン必見

    5.0
    nori

    本の状態も良く、内容も妖精国ファン待望の漫画です。是非、読んで欲しいです。

すべての10レビューを表示

  • たまきら

    妹より。ロビンロビン…記憶をたどって思い出した。ああ!あの悲しい出自の!?しかもこの小さい男の子って?後日譚にワクワク。しかしお兄夫婦、最初からケンカップルだったとはいえ大丈夫か!? 続きを読む

  • riko_21

    こちらも再読。ローラントに短剣を渡したらすぐつながりがわかるのかと思ったら。チビ長のことには気がついてもロビンのことには気が付かないのね、ローラント。なんかこう、ローラントがアーサーのことを親友と言うたびに「親友…だったっけか」と思っちゃうんだな(笑)。ファラントはアルトディアスにいたんだ?そうだったか…。 続きを読む

  • 由樹

    何度読み返しても、新たな発見かがある。そして何度も同じ所でウルッとくる。名作です。 続きを読む

すべてのレビューを読む