SBクリエイティブ

「働く悩み」は経済学で答えが見つかる(仮)

丸山俊一:著者

自分をすり減らさないための資本主義の授業

古今東西の知の巨人が講義する今の社会を生きる知恵

 

◎マルクス・ケインズ・ガブリエル先生が、いきなり教室にやってきて、みんなの悩みに答え始める!

経済学というと「需要曲線」・「供給曲線」といったことばかりが思い浮かびますが、「経済学者」がやってきたことは、目の前の事象から今どんなふうに社会が回っていて、どうしていけばいいのかを考える、ということ。
「仕事が楽しくない……」「真面目にやっている人が損する社会になってない?」「デジタル化で、経済はどんなふうになるの?」「同じ仕事をしているのに、転職したら年収があがって、なんとなく不思議な感じ」「会社に行くと疲れる」などなど、身近な疑問に、古今東西の経済学者が答えます。

◎マルクス先生、ケインズ先生のホンネを聴け!
マルクス・ケインズなどが本音ベースで持論を解説。
その背景を知ることで、その本当の意味が見えてくるーー。
経済学をはじめとする社会学・哲学の著名な学説をざっと知りたい方にもおすすめです。

 

登場する経済学者・社会学者・哲学者の一例:
マルクス、アダム・スミス、デュルケーム、レヴィストロース、ヒューム、ベンサム、ケインズ、カント、コーエン、シュンペーター、マックス・ガブリエル、ヴェブレン、ボードリヤール、リースマン、ハイエク、デリダ
協力:UNIVERSITY of CREATIVITY

 

第1章 今働くって、何ですか? ── 労働編
マルクス、デュルケーム、レヴィ=ストロース先生に聞く「働くこと」の本当の意味

第2章 社会善のユウウツ ── 倫理と経済編
アダム・スミス、ヒューム、ベンサム、カント先生に資本主義の「ホンネとタテマエ」を聞く

第3章 データ、A I は光か? ── デジタルと仕事編
ケインズ、ダニエル・コーエン、シュンペーター、マルクス・ガブリエル先生に、「データ資本主義」の社会について聞いてみた

第4章 毎日疲れるのも資本主義のせい? ── 心編
ヴェブレン、ボードリヤール、リースマン、ハイエク、デリダ先生、なんで毎日こんなに疲れるの?

第5章 斎藤幸平先生、やっぱり「資本主義」じゃダメですか?

定価:1,045円(本体950円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2022年8月6日(土)
  • ISBN:978-4-8156-1561-1
  • サイズ:新書
  • ページ数:240
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

丸山俊一
NHKエンタープライズ エグゼクティブ・プロデューサー。
1962年長野県松本市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。「欲望の資本主義」「欲望の時代の哲学」「世界サブカルチャー史 欲望の系譜」「ネコメンタリー猫も、杓子も。」「地球タクシー」他、異色の教養エンタメ/ドキュメントを企画制作し続ける。著書『14歳からの個人主義』『14歳からの資本主義』『結論は出さなくていい』他。制作班との共著に『世界サブカルチャー史 欲望の系譜 アメリカ70-90s「超大国」の憂鬱』『欲望の資本主義1~6』『マルクス・ガブリエル 欲望の時代を哲学する』『AI以後』他。東京藝術大学客員教授を兼務。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る