発売日 2008年12月18日(木)

天使の甘い罠

著者名:ジェス・マイケルズ、レダ・スワン、ジュリア・テンプルトン(著者) 文月梨乃、森本花梨、喜多川愛(訳)

¥840(税別)

ISBN:
978-4-7973-4934-4
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
424
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ジェス・マイケルズ、レダ・スワン、ジュリア・テンプルトン

訳・文月梨乃、森本花梨、喜多川愛

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 内容が薄い

    2.0
    すてら

    『天使の甘い罠』と『誘惑のゲーム』は、風俗店で働く女性を助ける男性の物語。でも、ヒーローは仕事そっちのけで性欲に溺れるし、ヒロインも本気で助けられたいのかよくわからず、ストーリーは殆どなくて、ひたすらホットなシーンの連続でした。『恋人は時のかなたに』は、現代の女性が13世紀にタイムスリップし、そこで会った男性と惹かれあうというもので、設定はジュード・デヴローの『時のかなたの恋人』にちょっぴり似ています。でも、時代の違いや状況にどう適応するかについての説明は殆どなく、ここでもヒーローとヒロインは体の相性のよさだけで惹かれあうことに。短編のせいか、ストーリーよりも男女の睦み合いに重きがおかれ、全体的に説明不足。登場人物の言動もどこか不自然だし、著者が強引にストーリーを進めているような感じです。短い中に色々なことを詰め込みすぎたようで、その分中身が薄くなったように思いました。

  • 「恋人は時のかなたに 」のメロメロ〜領主 

    3.0
    るん

    2編はフツーにHOTな作品でしたが、一番最後にあった「恋人は時のかなたに」というお話もあまり期待せず読みましたが意外や以外、これはぐいぐい引きつけられ一気読みでした♪現代からタイムスリップした主人公が、浮気な恋人とは対照的なハンサム&屈強な敵の領主ブローカンと互いに惹かれ、囚われの身でありながら次第に二人は見も心も、、、というお話。立場も忘れメロメロぞっこんになっていくふしぎ&矛盾な領主”ブローカン”の行動がまさに”ツボ”(笑)道中の野営地や幽閉された塔などでの愛し合うシーンが出逢ったばかりとは思えないほど相性ピッタリな二人がとてもしっくりきているしHOTでなかなかグッとキマス。回を重ねるごとに憎き相手から〜”手放したくない”存在へと感情が変化していく様子も伝わってくるし、何より浮気な恋人とは対照的なハンサムで屈強な敵の領主ブローカンに惹かれ、このタイムスリップを”楽しみ始める”ヒロインに好感が持てました(変に頑な過ぎず大人で)ギャップだらけのブローカンのべた甘〜なメロメロっぷりと熱い愛の描写、さらにスリルだらけの二人の行方、、ともっと続きが読みたいほど堪能できました。このお話はおすすめ。

  • 思いがけず良かった短編集

    5.0
    ナホ

    暇つぶしに買った一冊ですが、なかなか面白かったです。三つの話が収録されており、ひとつひとつの長さはだいたい150ページぐらい。飽きもせず、短編集としてはちょうどいい長さです。内容は娼館を舞台とした話が二話(まったく別の話です)、タイムスリップものが一話。三作とも短い話にもかかわらずラブシーンは濃い目です。特に娼館を舞台としている二話は内容が内容だけにすごく官能的。このあたりは好き嫌いが分かれそうなほど、けっこう激しい描写だと思います。そしてやはり一番のオススメは、他の方も言われていますが、最後のタイムスリップ物です。これだけでも買ってよかったと思えました。短いのがもったいないぐらい。長編でも面白そうな完成度の高い作品でした。短編集なので、ガッツリ読みたいときには不向き。軽い読書や長編小説の合間にオススメです。

すべての3つのレビューを表示

  • ちぇしゃ

    ロマンス以上エロティカ未満の中編集。期待してなかった分楽しくさらっと読めましたし、どれもとてもセンシュアルでいいと思う☆ 1つめと2つめはそれぞれが娼館を舞台で、どちらも一風変わった設定。ロマサス風なお話と、一応純潔娼婦と1ヶ月間お預け寸止めヒーローw 3つめがスコットランドのタイムスリップものでメロメロヒーローが楽しかった。後からじんわりとヒロインや設定にツッコミ入れたくなるようなあれこれに1つの作品で2度楽しんだかもw 続きを読む

  • mum0031

    売春宿のオーナーアラベラと、元捕り手(警察官)のヴァレンタイン。 (設定が古い) 帽子職人のサラと、ゴシップライターのトム。 行く宛のないサラが娼婦となる。 一目でサラに引かれたトムが、サラと結婚するまで。 婚約者の裏切りで、テリは傷心の旅へ。修道院の開かずの間に入り込んだ瞬間タイムスリップ。 ブローカンは、弟の仇の娘のアナベル(テリ)を捕らえる。 タイムスリップで、消えたテリを追いかけブローカンが、現代にタイムスリップする。 タイムスリップネタ。。安易過ぎる。 続きを読む

  • kan

    うん 続きを読む

すべてのレビューを読む