発売日 2018年10月06日(土)

[ビジュアル版] 江戸の《新》常識 

著者名:安藤優一郎(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-9802-1
サイズ:
新書/フルカラー
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・安藤優一郎

安藤優一郎(あんどう・ゆういちろう)
1965年千葉県生まれ。歴史家。早稲田大学教育学部社会学科地理歴史専修卒業。文学博士(早稲田大学)。江戸をテーマとする執筆、講演活動などのほか、テレビ番組の時代考証など幅広く活動中。JR東日本大人の休日・ジパング倶楽部「趣味の会」、東京理科大学生涯学習センター、NHK文化センターの講師を務め、好評を得ている。著書に『「幕末維新」の不都合な真実』(PHP文庫)、『西郷隆盛伝説の虚実』(日本経済新聞社)、『「絶体絶命」の明治維新』(PHP文庫)、『江戸のいちばん長い日 彰義隊始末記』(文春新書)などがある。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 第5章を読まずして、キミは死ねるか?

    5.0
    Amazonユーザー

    たまたま書店で手にしたこの変わった新書。価格のわりに、カラフルな四色刷りで、イラストや参考資料もふんだんに使われていて、これでこのお値段? とかどこかの通販CMのような文句が頭に浮かんできた。内容は類書で触れているものも散見しているが、出色は第5章の「江戸の恋愛」だ。規制が厳しい当時の男女の仲。とはいえ、そこはそれ、人間の欲望に歯止めはかけられなかったのだろう。ネタバレになるので、あまり多くは語らないが、吉原通い、宿場は非公認の遊郭、江戸にもラブホがあった⁉などなど、ながめるだけでキミは週末の宇田川町を散歩しているようなドキドキ感に襲われるであろう。他の本には感じられない、ピリッとした笑いも散りばめられていて、編集者の愛と努力を感じざるを得ない。この新シリーズ、半端ないかもしれない。

  • koh-chan

    これといって目新しい情報はありません。どの辺りが新しい知見なのか。また、ビジュアルと銘打たれている割にはそこまでイラストもありません。全体的に中途半端な印象です。

すべての2レビューを表示

  • Ayako

    江戸時代の庶民の暮らしを解説している本。見開きで一つの事項を解説する形式なので、ページ数の関係もあってか、詳細までは説明されていない点は残念だ。しかしこれまで知らなかった事が沢山あり、楽しく読むことが出来た。明治に変わり150年が経ったが、江戸時代自体は更に100年も長い250年も続いた平和な時代であった。インフラや文化の発展ぶりは目を見張るものがある。 続きを読む

すべてのレビューを読む