発売日 2019年12月06日(金)

カメの甲羅はあばら骨
~人体で表す動物図鑑~

著者名:川崎悟司(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-8156-0412-7
サイズ:
新書
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・川崎悟司

1973年、大阪府生まれ。古生物、恐竜、動物をこよなく愛する古生物研究家。 2001年、趣味で描いていた生物のイラストを、時代・地域別に収録したウェブサイト 「古世界の住人」を開設以来、 個性的で今にも動き出しそうな古生物たちのイラストに人気が高まる。 現在、古生物イラストレーターとしても活躍中。主な著書に『絶滅した奇妙な動物』『絶滅した奇妙な動物2』(以上、ブックマン社)、『ウマは1本の指で立っている!くらべる骨格 動物図鑑』(新星出版社)などがある。

Twitter

  • 春風

    「爬虫類・両生類・哺乳類・鳥類のからだを、ヒトの身体を変形して表現するとどう見えるか?」というコンセプトのビジュアル図鑑。テーマからして刺激的で、イラストもインパクト絶大のため、こどもから大人まで楽しめる一冊となっている。様々ないきものの骨格レベルのボディプランを綱レベルでの分類群レベルにおいて網羅的に、且つ同分類群中でもクジラやアルマジロのような特異的な体制のものも余さず提示してくれている。分類群を横断的に提示してくれているため、それぞれを比較する事で、器官や各部位が待つ役割を理解しやすくなっている。 続きを読む

すべてのレビューを読む