SBクリエイティブ

サメのアゴは飛び出し式

川崎悟司:著者

進化順に見る人体で表す動物図鑑

2019年12月に発売され各所で話題を呼んだ『カメの甲羅はあばら骨』の続編が
パワーアップして登場!

私たちヒトのからだを無理やり変形させることで、動物の体の構造を表すイラストは前作と同じですが
今作では紹介する動物たちを進化順にたどります。

数億年前からほとんど姿の変わっていないサメをはじめとする魚類からスタートし
両生類、爬虫類、恐竜、鳥類、哺乳類へと続きます。
それら動物の各部位を人体変形させることでその部位がどのような流れで変わる必要があったのかがよくわかる構成に生まれ変わりました。

コラムには、進化の過程の動物も紹介。
ExtraChapterには、一部ではなく全身を変形したらどうなるのか?という試みの「全身変形比較」を掲載しました。

動物の体のしくみだけでなく、進化の流れも学べる人気シリーズ第二弾です!

 

Chapter0 脊椎動物の進化

Chapter1 魚類
●サメ
●ウツボ
●フクロウナギ
●肺魚
●シーラカンス

Chapter2 両生類・爬虫類
●イモリ
●ヘビ
●カメレオン
●カメ
●バシリスク

Chapter3 恐竜・翼竜
●ティラノサウルス
●プテラノドン
●ディノニクス

Chapter4 鳥類
●ダチョウ
●ハチドリ
●ハクチョウ
●レンカク
●キツツキ

Chapter5 哺乳類
●カモノハシ
●ネズミ
●カンガルー
●アリクイ
●サイ
●イッカク
●パンダ
●テナガザル

ExtraChapter 全身変形比較
●イヌとネコ
●リクガメとウミガメ

本体価格:1,100円(本体1,000円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2020年8月5日(水)
  • ISBN:978-4-8156-0662-6
  • サイズ:新書
  • ページ数:192
  • 付録:-

お知らせ

人体変形動物とともに進化の流れを理解する!
  • 人体変形システムで動物の体を理解!

    おなじみの人体変形システムは今作でも健在!私たちヒトの体を変形させるため、動物の体がどうなっているのかわかりやすくなっています。

  • 前作以上の動物知識が満載!

    扱う動物は前作を超える26体!また、前作では扱わなかった魚や恐竜なども登場し、さらにパワーアップした内容になっています。

  • 驚異の進化!過程の動物たち

    たとえば魚類の仲間から両生類が生まれましたが、その進化の過程ではどんな動物だったのでしょうか?
    コラムではその過程の動物を紹介します。

著者紹介

著者・川崎悟司

1973年、大阪府生まれ。古生物、恐竜、動物をこよなく愛する古生物研究家。 2001年、趣味で描いていた生物のイラストを、時代・地域別に収録したウェブサイト 「古世界の住人」を開設以来、 個性的で今にも動き出しそうな古生物たちのイラストに人気が高まる。 現在、古生物イラストレーターとしても活躍中。主な著書に『絶滅した奇妙な動物』『絶滅した奇妙な動物2』(以上、ブックマン社)、『ウマは1本の指で立っている!くらべる骨格 動物図鑑』(新星出版社)などがある。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る