発売日 2019年04月06日(土)

神社から読み解く信仰の日本史

著者名:島田 裕巳(著者) 川島健太郎(イラスト)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-8156-0134-8
サイズ:
新書
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・島田 裕巳

イラスト・川島健太郎

島田裕巳
1953年東京生まれ。東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業、東京大学大学院人文科学研究課博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。著書に『神社崩壊』(POS595)(ちくま新書)、『一生に一度は行きたい日本の神社100選』(POS279)(宝島社・TJMOOK)、『日本の10大新宗教』(POS13397)、『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』(POS5412)(以上、幻冬舎新書)など多数。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 義務教育に神道の授業があるなら、教科書はこの本で。

    5.0
    おやじねこ

    もし、義務教育に神道の授業があったら、教科書はこの本のようになるでしょう。説明文は平易で学説の対立にも触れながら深入りしない。2000年を超える歴史をコンパクトに解説し、神話との関連性、仏教の影響、皇室との関係、国家における役割といって視点で簡明に整理しています。この簡明さはあえて隣接する政治史や仏教史に立ち入らないことで成り立っていますが、それを補うために巻末付録の年表は関連性が読み取りやすく作られています。さらに大事なのは図版や写真が豊富なこと。神社は身近でも神道は良く知らない。結婚式や地鎮祭で神主が祝詞を読むのを見るくらいしか知らない。そんな普通の人が理解するには文章より図版や写真が説得力を持つ。読む人の立場に立った編集です。旅行の時に持っていくと神社の縁起を書いた説明文の理解の助けにもなるでしょう。一方で、神道の説明が目的なので、拝礼の仕方とかには言及がありません。神宮と大社ではだいぶ違うことくらいは触れてほしかった。ただ、これを以って評価が下がるものでもない。文科省が配らないなら、親の責任で子供に与えるのも教育というものでしょう。

  • 5.0
    たんぽぽ

    143箇所ほどの神社が収録されていて、巻末にはマップ付きの一覧もあります。本書の良いところは、ただのガイドブックに終わらせず時代と共に舞台になった神社を登場させているところです。ですからエリア別にガイドブックとして使いたい人には向きませんが、古来から歴史をザッと俯瞰するような使い方をすると勉強にもなるし、神社の意味を知ることが出来ます。文庫サイズに抑えた構成も良さを引き出しています。バックに放り込んでおけば、歴史的な観点からも地域的な面からも自分の目的地である神社を見ることが出来るし、周辺神社の関連性も勉強できます。前半に多いイラスト境内図も便利ですね一冊持っておくと神社巡りが趣味の人には良いかなと思いました。

  • 信仰ではあるが宗教とは違う? 戦争を無くすため、世界に広めよう日本人的信仰のありかた。

    5.0
    金 玉三郎

    キリスト教を始め、世界のメジャーな宗教は他の宗教を排撃してきたが、日本の神社は共存してきた。神仏習合はあたりまえに存在する。神道が一神教で無いこともその原因の一つであろうが、基本は日本人の信仰感であろう。日本人は宗教に無関心だとか言われるが、正月にあふれるほどの人々が初詣にでかけるのを見れば、無関心ではないと思う。結婚式で仏教徒なのに見たことも無い神父か牧師かわからない人にわざと英語で何か言ってもらって喜ぶのも、信仰のはしくれ。八百万の神には、お釈迦さんもキリストもアッラーも入っていらっしゃるのだ。自爆テロのように、異教徒を殺してまで自らの信仰を貫きたいという、我々から見れば異様に強い信仰感が無いだけで、あれもこれも、ありがたい神さんなら拝んでおこうという素朴で軽快で純粋な信仰があるのだ。世界の紛争の根源は人種と宗教である。いまこそ日本人は世界に向けて、何でも拝もうという、おおらかな信仰の精神を広めよう。それが世界平和の原動力になるはずだ。この本には、神社の歴史。政治や社会、生活とのかかわり。それぞれの神社のプロフィール。50音別神社検索。などがあり、個々の記述は手短か。画像も多く、難読文字にはふりがなもあり、わかり易い。表紙デザインとタイトルが教科書的でやや暗いが、読んで楽しいお値打ち本。読んで良かった。

すべての28レビューを表示

  • Atsushi

    書店でタイトル買いした1冊。最後のコラムに載っている神社関係者への「現代の神社事情」に関するインタビュー記事は特におもしろい。神社関係者であるインタビューワーによると日本の神社8万社に対して神主は1万人程しかおらず、神主を兼務されてる方もおり、神主が圧倒的に足りてないのが現状とのこと。神社業界にも少子化と副業?の波が押し寄せてるようだ。 続きを読む

  • サタイン

    写真がたくさん載っているのに、どこの県の神社か書いてないのが残念。ちょっと図鑑みたいで日本史ってほど史書ではなかった。 続きを読む

  • はなちゃん。

    それぞれの神社の創建の訳が分かりやすい 続きを読む

すべてのレビューを読む