発売日 2019年04月06日(土)

神社から読み解く信仰の日本史

著者名:島田 裕巳(著者) 川島健太郎(イラスト)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-8156-0134-8
サイズ:
新書
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・島田 裕巳

イラスト・川島健太郎

島田裕巳
1953年東京生まれ。東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業、東京大学大学院人文科学研究課博士課程修了。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。著書に『神社崩壊』(POS595)(ちくま新書)、『一生に一度は行きたい日本の神社100選』(POS279)(宝島社・TJMOOK)、『日本の10大新宗教』(POS13397)、『なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか』(POS5412)(以上、幻冬舎新書)など多数。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • Atsushi

    書店でタイトル買いした1冊。最後のコラムに載っている神社関係者への「現代の神社事情」に関するインタビュー記事は特におもしろい。神社関係者であるインタビューワーによると日本の神社8万社に対して神主は1万人程しかおらず、神主を兼務されてる方もおり、神主が圧倒的に足りてないのが現状とのこと。神社業界にも少子化と副業?の波が押し寄せてるようだ。 続きを読む

  • サタイン

    写真がたくさん載っているのに、どこの県の神社か書いてないのが残念。ちょっと図鑑みたいで日本史ってほど史書ではなかった。 続きを読む

  • はなちゃん。

    それぞれの神社の創建の訳が分かりやすい 続きを読む

すべてのレビューを読む