発売日 2008年01月18日(金)

あたしはメトロガール

著者名:ジャネット・イヴァノヴィッチ(著者) 川副 智子(訳)

¥780(税別)

ISBN:
978-4-7973-4447-9
サイズ:
5AA3B78E-096B-4158-89BA-AE92987F042A
ページ数:
432
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ジャネット・イヴァノヴィッチ

訳・川副 智子

Twitter

Unable to load Tweets

  • お笑いハードボイルド!メトロガール・バーニー颯爽と登場!

    4.0
    夢追人009

    ステファニー・プラム・シリーズ、‘フル’・シリーズが紹介されている大人気作家イヴァノヴィッチの2004年に発表された期待の新シリーズ第1弾です。本書初登場の新しいヒロインは通称バーニーのアレクサンドラ・バーナビーです。ボルティモアで小さな頃から父の自動車整備工場で働き、カーレースにも出場しメカには滅法強く、私生活では3度の婚約解消を経て現在30歳で、保険会社に勤務しています。物語は彼女の弟ビルが深夜に電話を掛けてきた後に失踪してしまい、バーニーがビルの住むマイアミに駆けつける所から始まります。弟の働くマリーナの桟橋に着くと、そこでは夜警の殺人事件が起きていた。更に弟ビルのアパートは滅茶苦茶に荒らされており、部屋に異様な大男が忍び込みバーニーに襲い掛かって来た。多彩な競演陣は他シリーズ同様本作でも良い味を出しています。イケメン花形カー・レーサーのサム・フッカー、弟の‘ワイルド’・ビルと恋人のマリア、幼なじみのゲイのジューディと飼犬ブライアン、キューバ系のおばちゃんローサとフェリシア、悪役でキューバの実業家サルサール、ゲロ顔、オールバックとぐるぐる包帯の2人組と、それぞれに笑わせてくれます。真面目なストーリーではあるのですが、やはりバーニーが巻き起こすズッコケ振りが一番の読み所でしょう。私が一番気に入っているのは、バーニーが島で蜘蛛と蛭まみれになって悲鳴を上げて苦しんだ後、すぐに追って来たオールバックとぐるぐる包帯の2人をオールで船から海へ叩き落すシーンです。バーニーはこの2人には他にも車で体当たりして轢いたり、幾ら何でもやり過ぎなんじゃないのと思うほど徹底的に痛めつけています。作中では迫るサムをかわしていたバーニーでしたが最後は良い感じになっていて、更に期待が持てそうな第2作目の翻訳も楽しみに待ちたいと思います。

  • サラミ

    イヴァノヴィッチを全作読んでるあたしとしては見逃せない一冊。いつもの暗いバーグではなく、マイアミが舞台なのが楽しい。ドラマのCSIマイアミを観ているので、風景が浮かんでよりいっそう楽しめた。ロマンス色は薄目で、ヒーローヒロインともに相手一筋。フルシリーズも面白いけど、メトロシリーズももっと読みたい。こうなってくるとプラムシリーズが少し色あせるかな。

すべての3レビューを表示

  • 佐々陽太朗(K.Tsubota)

    ジャネット・イヴァノヴィッチといえばステファニー・プラム・シリーズですが、魅力的なヒロイン「アレグザンドラ・バーナビー」の登場です。主人公のキャラクター、物語の面白さともにステファニー・プラム・シリーズに軍配があがるものの、さらにパワーアップして人気シリーズになる可能性ありとみました。 続きを読む

  • yukitalia

    買ったのを忘れてた本。 オトナの事情(お金)とやらで もう日本語では読めないステフの シリーズが恋しいよーと 思っていたら! これもおもろーい。 モテ男、トラブル巻き込まれ主人公、動物、ちょっとかわったおもろい人たち、 全部ステフシリーズと同じ。 けどハマるねえ。 チックリットやっぱり好き。 続きは、あと一冊は購入済み。 けどその後はもう日本語ムリだなー。 英語頑張ろう。 続きを読む

  • カヲリ

    J.イヴァノビッチの書く女の子は何故にこんなにキュートで行動的で小心な普通人の癖に、家族のためや守るべき物の為に強く破天荒になれるのか、羨ましいぐらいタフで爽快だ。ステフシリーズより若干恋愛要素は強いけど、登場人物はクレイジーな人だらけでやっぱり大笑いしてしまう。なにより簡単に泣かないバーニーがステフ同様好きになった。人前で泣く女よりカッコついてないけど耐えてブラックジョークをかっ飛ばす女のほうがずっと可愛くてたくましくて可愛らしい。 続きを読む

すべてのレビューを読む