発売日 2008年10月20日(月)

満月の夜に

著者名:クレスリー・コール(著者) 松井里弥(訳)

¥886(税別)

ISBN:
978-4-7973-4773-9
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
552
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・クレスリー・コール

訳・松井里弥

Twitter

  • 人狼とヴァルキリー+吸血鬼

    5.0
    takotakotick

    大流行のパラノーマルものですが、この作品、出てくる人外生物の皆さんの種類がかなり多い。ヴァルキリーってのはお初じゃないでしょうか?ヒロイン・エマはヴァルキリーと吸血鬼の混血という変わり種。そんなヒロインがどういうわけか、人狼(ライキー)の王ラクレインに伴侶として見初められ、さらわれてしまいます。ライキーは吸血鬼と敵対しており、ラクレインは吸血鬼に捕まり拷問をうけていました。1200年探し続けた伴侶の気配にちからを振り絞って脱出し、いざ出会ってみれば彼女はにっくき吸血鬼。どうしようもない本能から伴侶として認識してしまったものの、エマにつらくあたってしまうラクレイン。種族違いのせつないロマンス…とはならないのが、私は気に入りました。今作のみどころはヴァルキリーのおねえさまがた。スーパーモデルのような容姿でも恐るべき戦士である彼女たちは、雷を糧とし、ショッピングとプレゼントとマニキュアが大好き。娘のようにかわいがってきたエマをさらったラクレインを「犬ころ!」と罵倒し、躊躇無く宣戦布告。エマもヴァルキリー要素をたっぷり持っており、最初はおびえまくりの彼女がだんだん強くなっちゃいます。脇役の魅力的なおねえさまがたが主役の続編もあるようで、とっても楽しみ♪吸血鬼ロスと「美貌のミスト」、ラクレイン弟と「百発百中のルシア」のカップルはど〜なるんでしょう?

  • 4.0
    mi

     ヴァンパイア、人狼は馴染みがあるけれど、ヴァルキリーという存在は新鮮でした。ヴァンパイアとヴァルキリーとのハーフのエマと人狼のラクレインは種族の違いを超え引かれ合います。反発しながらもどうしようもなく惹かれあう二人にドキドキします。二人の恋物語であると同時にハーフであることに悩み続けているエマの成長物語でもあります。二人が初めて愛をかわすシーンが、ちょっと生々しくて好きじゃないので★マイナス1です。

  • これから使い始めます。いいと思います。ありがとうございました。

    4.0
    Amazon カスタマー

    これから使い始めます。いいと思います。ありがとうございました。

すべての9レビューを表示

  • Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

    究極の箱入り娘として育ち、男の手も握ったこともないまま蕾ふくらむエマは70歳。運命の伴侶である彼女に遭うことを支えに150年も拷問に耐え抜いた人狼の王1200歳。永遠の時を生きる彼らには年の差なんて関係ない。だけど出逢いは最悪だった……。めそめそ泣くばかりだったヒロインが愛と強さに目覚めていくのが読みどころ。輝く満月の下、半ヴァンパイアと人狼のカップルは心も身体も開いていく。米国ロマンス文学賞RITA賞でパラノーマル部門最優秀賞。北欧神話をベースに様々な不死種族のロマンスを描く『ローアシリーズ』第一作。 続きを読む

  • eko

    初パラ。慣れるまでパラワード?が難解でしたが舞台は現代で読みやすくヒロインにはじめは乱暴、後にメロメロな人狼ラクレインはツボ。野生的な営みがホットで良い♡エマは可愛いけど煽る割に焦らしすぎwでもラクレインの寸止めっぷりは面白かったからいいか。ロマンス読書は私にとってハッピーな現実逃避なんだけどパラノーマルは更に遠くへ逃避できてすごいw でもシリーズ長い上に放置されてるようだしこの記念すべき初パラを大事に読む感じで私にはちょうど良いのかな。しかし話題のイローナ3部作は気になる! 続きを読む

  • Masami🖤

    ライキー(人狼)の王&ヴァンパイアとヴァルキリー(戦乙女)の娘❤ホットなパラノーマル好きな方にはかなりおすすめ(*≧∀≦*)ヒーローがヒロインにメロメロでしかも献身的!出会った当初はご乱心だったけど発情期なヒーローがヒロインを心身ともに求める姿がこれまたホット(///ω///)❤か弱いヒロインがヒーローとの出会いで心身共に強く成長していき、最後の宿敵との対決…ハラハラドキドキです(>_<)!そしてヒロインの周りのヴァルキリーな姉さん達がこれまた個性派揃いで憎めなかったなぁ(*´ω`*)(笑) 続きを読む

すべてのレビューを読む