発売日 2014年02月18日(火)

凍てつく世界 Ⅲ

著者名:ケン・フォレット(著者) 戸田裕之(訳)

¥810(税別)

ISBN:
978-4-7973-7163-5
サイズ:
文庫
ページ数:
504
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ケン・フォレット

訳・戸田裕之

【著者】ケン・フォレット(Ken Follet)
1949年、ウェールズ生まれ。新聞記者、出版社勤務などを経て1978年にスパイ小説『針の眼』を発表。同書は、アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞を受賞し、ベストセラー作家としての地歩を築いた。1989年に発表された『大聖堂』は世界的ベストセラーとなり、18年の時をおいて発表された続編『大聖堂-果てしなき世界』も大きな話題を呼んだ。

【訳者】戸田裕之(とだ ひろゆき)
翻訳家。早稲田大学第一文学部卒業。主な訳書に、ケン・フォレット『巨人たちの落日』(小社刊)、『針の目』(創元推理文庫)、ブライアン・フリーマントル『片腕をなくした男』、ジェフリー・アーチャー『時のみぞ知る』、『死もまた我等なり』(新潮文庫)など。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 乞う、次回作

    4.0
    reitetsu

    前作の次世代の物語で前作より以上の出来で次世代がどのような活躍をし、信念を貫いていくかが期待される、早く翻訳が終わり、発行をしてほしい。

  • 5.0
    コンドルじじい

    1巻から3巻までも内容充実している。そのうえ、男女の愛が品よく,そして具体的に描かれている、とても印象的絵好感が持てる。エンターテインメント性にもあふれている。

すべての2レビューを表示

  • KAZOO

    いよいよ第二次世界大戦が本格化します。太平洋でも日米開戦が行われミッドウェーなどの様子がわかります。どちらかというと個人が多く出てくる群像劇のようなていをなしているのでよく人物関係を読みこまないと誰がどうなっているのかがわからなくなります。どちらかというと世界大戦を背景にした人間ドラマですね。 続きを読む

  • キムチ27

    Ⅲになっても登場人物の周囲が頭に入らず何度も行きつ戻りつ。第2次大戦を背景とした若い世代中心の心理的懊悩、行動が綴られる。もっともパワーポリティックスが底辺にある為、本意とは裏腹の事も多いかろう。虫けらの如く命が散って行く場面が続く。日本の軍国主義を表する場面、HP で処理される障碍者とそれを告発する戦いを始めるNS達、ユダヤ人を連行して列車に乗せるのに反して死を選ぶ神父等・・とても読み飛ばせぬ内容が満載、呻吟する想いでページを捲る。 続きを読む

  • ちゃま坊

    ナチスの政策を批判する者にはゲシュタポによる過酷な取り締まりが待っていた。障害者の次はユダヤ人か。優生学の思想の恐ろしさがわかる。そして戦局はアメリカの参戦と日本軍の真珠湾攻撃へと拡大。ドイツ軍と日本軍はこの頃破竹の勢い。しかし世界の物理学者の間で核爆弾の話題が出始め、アメリカはマンハッタン計画を始める。これまでの登場人物が何人も命を落としていく。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年01月21日(木)

同じジャンルの商品

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年02月23日(火)

発売日2016年01月21日(木)