SB新書
不動産を買うなら五輪の後にしなさい
不動産を買うなら五輪の後にしなさい
不動産鑑定士がこっそり教える売買のコツ
SB新書シリーズ

萩原 岳 著
ISBN
978-4-7973-7675-3
サイズ
新書/1色
ページ数
256
価格
760円+税
出版日
2014/08/12
電子版を購入
サポート
正誤情報 | ダウンロード | お知らせ
問合せ
この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームより
お寄せください


焦って高値づかみで買い、後悔しないために


「賃貸か購入どちらかお得か」という議論に意味はない。買うと決めたらタイミングを見極めよう!
「あなたは何も知らない」の自覚から始めよう。不動産情報の非対称性をこう補えば、もうプロに手玉にとられない!

◆マイホームの買い時を間違うと、ン千万単位で損してしまいます!

世間には「アベノミクスで株が上がり、高額商品が売れるようになった」といった現象面だけがニュースとして流れ、「ということは最大の高額商品は家だから、買うなら今のうちか」という安易な住宅購入ムードが一部で醸成されているのは少し危険な兆候です。

確かに増税や物価上昇の前に駆け込みで家を買いたいという気持ちもわからなくはないです。しかしながら、以前から買おうと思っていたらたまたまこのタイミングだった、という場合ならいざ知らず、周囲のムードに流されて物件を見に行き、耳触りの良いセールストークに乗せられてつい買ってしまったとしたら最悪です。

五輪までに供給されるマンションは、既に資材や人件費の高騰で建築コストが上昇しています。
2、3年で転売する気があるならともかく、20年、30年と住み続けるつもりで購入するならば
今慌てて買う必要はないのです。

■目次:
第一章 買う前になぜよく考えなければいけないか 
第二章 住宅ローン金利の今後の動向をどう読むか? 
第三章 五輪後(2020年以降)に住宅大不況、地価下落がやってくる! 
第四章 賃貸サンドイッチ時代が来た 買い替えは時間差攻撃が「必須」に
第五章 デベロッパーや施工業者に騙されないために
第六章 住宅購入のトラップにはまらないために
第七章 本当にサラリーマン大家は「楽して簡単に儲かる」のか


萩原 岳(はぎわら がく)
千葉県生まれ。東京外国語大学中国語学科卒業。株式会社アプレ不動産鑑定 代表取締役。不動産鑑定士。在学中より不動産鑑定業界に携わり、2007年不動産鑑定士論文試験合格、2010年不動産鑑定士として登録する。数社の不動産鑑定士事務所勤務を経て、2014年株式会社アプレ不動産鑑定を設立し、現職。相続税申告時の不動産評価など税務鑑定を専門とし、適正な評価額の実現を掲げ、相続人と共に「戦う不動産鑑定士」として活動する。また、実務で培った経験をもとに、「相続と不動産」について税理士、弁護士、不動産鑑定士など相続の実務家を相手とした講演活動も行っている。


SB新書

ISBNで検索
4-7973--X 

4-8156--X 













企業情報 個人情報について