発売日 2008年10月20日(月)

狼と鳩(下)

著者名:キャスリーン・E・ウッディウィス(著者) 橘 明美(訳)

¥850(税別)

ISBN:
978-4-7973-4689-3
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
432
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・キャスリーン・E・ウッディウィス

訳・橘 明美

Twitter

Unable to load Tweets

  • eko

    決闘で命を懸ける程愛してしまってるエイスリンになかなかケジメ(結婚)をつけられないウルフガーが下巻ではちょっと笑ってしまうくらいトンチンカン(´-`)生い立ちを考えると分からないでもないけど。エイスリンも自らを奴隷だと宣言し命令は受けるが心は渡さない!と決意固く。ひどい目にあったのに気丈に耐え威厳を失わず賢い娘だウルフガー勝ち目なし!年長者達のアドバイスがいいね♪サプライズのあれも良かった♡ラストに色々発覚してワオとなりました。40年以上前の王道ロマンスなのに『炎と花』同様色褪せず読者を魅了してすごい。 続きを読む

  • Miyuki_fsog

    父を殺された男に処女を奪われ、新たに領主になった男(ヒーロー)の愛人にされ どちらの男が父親かわからないまま妊娠! それにもめげず前向きなヒロイン♪ 悪役 ラグノールの間抜けっぷりに ヒロインの母が関わっていたとは 笑笑 続きを読む

  • あすか

    ☆4.7 続きを読む

すべてのレビューを読む