SBクリエイティブ

終わりなき愛

キャスリーン・E・ウッディウィス:著者 / 橘 明美:訳

ヒストリカル・ロマンスのファーストレディと称された、大ベストセラー作家の遺作を完全新訳!

十字軍の英雄の遺児、アブリエルは美しく聡明な娘。彼女は、宮廷でスコットランドの外交官レイヴン・シーバーンと出会い、その藍色の瞳で見つめられた瞬間から、彼のことが忘れられない。だが、義父が困窮したのを契機に、醜悪な男デズモンドと結婚し、純潔を捧げなければならない身の上に。心の中ではあの人の面影を求めながら――。12世紀のイングランドを舞台に波瀾の愛を描く、ヒストリカルの女王の絶筆作品。

■著者:キャスリーン・E・ウッディウィス
1939年アメリカ・ルイジアナ州生まれ。「ヒストリカル・ロマンスのファースト・レディ」と称される。1972年に『炎と花』を発表して以来、35年間で14作品を上梓。全作品が『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラー・リストに選ばれ、アメリカだけでも3600万部超のセールスを誇る。2007年没

■訳者:橘 明美(たちばな・あけみ)
お茶の水女子大学文教育学部(仏文学・仏語学専攻)卒業。メーカーに勤務し、フランス駐在員などを務める。現在、フランス語・英語翻訳家。主な訳書に、『狼と鳩』『3歳で、ぼくは路上に捨てられた』(小社刊)、『絵解きヨーロッパ中世の夢』(原書房)、『廃墟の上でダンス』(ポプラ社)など多数

定価:935円(本体850円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2009年8月18日(火)
  • ISBN:978-4-7973-4721-0
  • サイズ:CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
  • ページ数:480
  • 付録:-

著者紹介

著者・キャスリーン・E・ウッディウィス

訳・橘 明美

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る