発売日 2010年02月18日(木)

シャナ(上)

著者名:キャスリーン・E・ウッディウィス(著者) 沢万里子(訳)

¥870(税別)

ISBN:
978-4-7973-5851-3
サイズ:
CD25A5D8-EC6E-435F-A497-957E473840EE
ページ数:
504
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・キャスリーン・E・ウッディウィス

訳・沢万里子

Twitter

  • 感謝!

    5.0
    南青空

    翻訳も当時のままの完全復古版!感謝に耐えません。ウッディウィス作品との出会いはもう20年近く前ですが出来れば当時のサンリオ出版の全集そのままをもう一度・・というところでしょうか。ウッディウィスのような作風の作家はもう出てこないかもしれません、風と共に去りぬを彷彿させるこのシャナの強気でわがままなヒロイン、でもなぜか引かれていきます、物語の幅の広さ展開の速さ、ヒーロー、ルアークの素晴らしさや、周りの人たちの描写、上手すぎです!!現在のロマンスとはちょっと違うストーリーのひねりがありくどくなく読者を物語りに引き込むのが上手なんですね。ウッディウィス亡き今、作品は宝物です。後世にまで残したい作家だと思います、もっとも復古版が出たというのはその証拠でしょうか!最近は続々出版をされ、本当にうれしい限りです、欲を言えば当時の再現宜しくお願いいたします。

  • 5.0
    まりりん

    とにかくヒロインシャナの気の強さ、プライドの高さ、そして何より圧倒的な美しさが際立つのが上巻です。ウッディウィスの作品は和訳されたものはすべて持ってますが、この作品、ストーリーはロマンスというより、まるでインディージョーンズのような冒険物に近いです。策を弄して、父の結婚命令の裏をかくべく暗躍?するシャナ。思いがけず巻き込まれたルアーク。冤罪で処刑を目前にしていたルアークは、いつかめぐり合いたいと切望した理想の女性と牢獄で出会います。一縷の望みをかけて、父を欺く結婚というシャナの計画に乗るルアーク。彼の望みはたった一夜自分と過ごしてほしいということだった。でも非情なシャナは死を前にした男の最後の願いも、約束も破ってしまう。でも世の中そんな甘くありません。なぜか処刑されたはずのルアークが父の島に・・・・私の一番好きなヒーローがこのルアークです。シャナに焦がれ一途に愛する彼に、こんな女、どうして?とマジ思います。男の夢がシャナだと言ってますが、なんの!女の夢はルアークです。上巻はやっと結ばれるも、やっぱりプライドの高いシャナに翻弄される気の毒なルアークって感じです。

  • レビュー対象商品: シャナ(上) (ソフトバンク文庫NV) (文庫)

    もねmone

すべての3レビューを表示

  • イヴ  ノーラ&SEP祭り中

    内容濃いっ。氷の女王シャナ、絞首刑のルアークに会いにいきある契約を提案する。。戦略家、ヒステリックのシャナ。鞭でルアークをぶっていたし、、裏切りまくるし、すごいわ。上巻の前半はルアークの悲劇、シャナとの再会、ルアークのシャナへの執着がメイン。 後半はルアークの仕事っぷり、二人の夢の妄想、激しい愛のぶつかり、そしてシャナが取った行動がまたとんでもないわ。ルアークをだまし島から追い出そうとして、そして自ら悲劇を味わうことになる。ルアークの悲劇がシャナへの悲劇になる展開、キャサリーンはすごいわ。下巻へ。 続きを読む

  • ぽこ

    ヒロインはなんでも自分の思い通りにしなければ気が済まない我儘娘。結婚相手に数日後には絞首刑にされる死刑囚を選ぶのは傲慢で罪深い行為ですが、しっかりと報いを受けてます。ツンケンしてるくせにデレる二人がとっても魅力的でした。 続きを読む

  • たまきら

    1974年出版のロマンス小説。傲慢な富豪の一人娘が、横暴な父親の強制的な結婚からのがれるために、死刑囚と結婚するところから話が始まります。荒唐無稽さ、ヒロインの傲慢さが良くも悪くも目立ちます。西洋のロマンス小説の変遷を感じられてなかなか面白いです。上巻は緊迫した場面で終わります。 続きを読む

すべてのレビューを読む