発売日 2019年08月22日(木)

生物の中の悪魔
「情報」で生命の謎を解く

著者名:ポール・デイヴィス(著者) 水谷淳(訳)

¥2,400(税別)

ISBN:
978-4-8156-0159-1
サイズ:
46判
ページ数:
328
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・ポール・デイヴィス

訳・水谷淳

物理学者、宇宙生命学者。
1970年代以降、物理学や量子学に関する本を、一般の読者に向けに多く執筆しており、日本でも『タイムマシンのつくりかた』(草思社)など、10冊以上が翻訳されている。

Twitter

  • 情報科学としての生命科学

    5.0
    X

    個人的には、こうした視点での生命科学展開が好きです。生命のロジック:細胞内シグナル伝達、遺伝子発現を計算機における情報処理のアナロジーととらえ、思考=論理回路⇒人工遺伝子回路⇒合成生物と展開、大腸菌、免疫細胞をハックし医療応用する未来の医学。そして、完全なる人工生命=分子ロボットの開発へと。。。計算機と細胞、根底では似ている点も多いと思うし、計算機の急激な進化によって、計算機と生命の距離は今後どんどん縮まる予感がします。計算機=人工オートマトン∽生命=自然のオートマトン

  • 1.0
    alex_____

    Kindle版を買ってしまったら本をスキャンしたかのような固定レイアウトだった。文字が小さくて読めない。これは不良品だが返品もきかない。内容以前の問題である。

  • 情報の観点から見た生命の誕生と進化。

    5.0
    ooooo

    タイトルの悪魔とは、マクスウェルの思考実験に登場する悪魔の如く、情報を処理し、秩序を生みだす生命の中の諸システムを指している。本書は、生命がいかに高い熱力学的効率を持って、分子の無秩序状態から首尾一貫した組織構造を生みだしているか、様々なレベルで解説している。個人的にもっとも読みごたえがあったのは、生命誕生以前の原初、非生命である分子がいかにして秩序だった生命になりえたかを考察したエピローグ。作者は宇宙の法則は生物を誕生させるように調整されてはいないが、もっと幅広い、複雑な情報処理システムを生みだすには有利に働くかもしれず、その典型例が生命である、という立場をとる。作者は過去の著作である『幸運な宇宙』や『宇宙に隣人はいるのか』等においても、非生命から生命への自己組織化を促すような法則が存在するはずである、と述べているが、本著ではそれが情報というキーワードを通してより詳しく書かれている。生物学と物理学、どちらに興味がある人にもおすすめできる。

すべての3レビューを表示

  • やいっち

    既に、「ガンの始まりは、多細胞し始めた時から。多細胞化するメリットはあったからだが、同時に単細胞の細胞にはストレスも。本来は細胞は、どんどん分裂し増殖したい。が、多細胞体を構成する以上は、その能力が封印されるか、制約される。つまり、細胞たちは、常に隙あらば勝手に増殖しちゃうのだ。進化の淵源を辿ることから、ガンの治療法を探る研究も」とか、「進化の樹で、かなりの分枝でガンが発生している。その一方で多細胞体なのに発生していない分枝も」などと書いた。 続きを読む

  • 冬佳彰

    俺は、題名で手に取った。その意味で、題名勝ちだ。結局生命活動は、「マクスウェルの悪魔」的な存在がいるかのように見える、ってことだよね。生命活動が熱力学第二法則に抗うように見えるってのは、かなり昔から言われてきたことで、いやいや、大きな視座からみれば、全然矛盾してないという話もあり、俺にはよくわからない分野ではある。本書では量子力学と生命、情報、意識の問題など、色々と紹介してくれているが、副題のように『「情報」で生命の謎を解く』を期待して本書を読むと、なんだ、最近の動向を紹介してるだけじゃん、となるかもね。 続きを読む

  • teddy11015544

    生物学と物理学と情報科学と、さらに哲学と、これらを融合させて考えないと生命の真の姿はわからない。シュレジンガの生命に関する講義、情報はエネルギーでもある、細胞のもともとの使命をもったがん細胞の姿など、いろいろな紹介がされていて面白かったです。 続きを読む

すべてのレビューを読む